三菱地所 アクセラレータープログラム

VISION

未来の生活・場所の在り方・
社会の在り方を
デザインし、実装し、最適化する

三菱地所は1890年代、未だまちの概念も明確ではない中、丸の内一帯に国内で初めて「オフィス街」をつくり、人との交流を生み出す先駆的なまちづくりを行ってきました。
まちづくりには、ヒトの過ごし方を変え、過ごすヒト自体を変え、さらにそのヒトの周囲に好循環をもたらす力があると信じています。
急激な社会変容/行動様式の変化が求められる今だからこそ、我々は変革をより一層加速させ、新しいまちの在り方を提案していきたい。
三菱地所は共に課題に向き合い、社会に対して新しい価値を提示するパートナーを求めています。

FIELD

三菱地所グループの事業領域

  • 丸の内エリア

    Marunouchi Area

    約4,300事業所、約28万人のオフィスワーカーの活躍の場となっている丸の内エリアで、三菱地所は「丸ビル」や「新丸ビル」を中心に、約30棟の建物を所有・管理。

  • オフィスビル

    Office Building

    都心23区では80棟を越えるオフィス賃貸に関与し、新しい働き方を提案。IoTを利用した利便性の高いオフィスづくりを推進。

  • 商業施設

    Commercial Facility

    「新丸ビル」など丸の内エリアの都心複合施設に限らず、「MARK IS」シリーズや「アクアシティお台場」などの単独商業施設や、「プレミアム・アウトレット」シリーズなど、立地特性に合わせて開発。

  • 住まい

    Residence

    「ザ・パークハウス」ブランドで供給する新築分譲マンション事業をはじめ、賃貸住宅、注文住宅等を幅広く提供。マンション管理事業では、約32万戸の管理ストックを保有。

  • ホテル

    Hotel

    多様な宿泊ニーズに応えるため、全国でホテルを開発・運営。約2,500室の客室を用意。

  • 物流

    Logistics

    オフィスや商業施設等の開発を通じて蓄積してきた“快適な環境づくり”のノウハウを活かし、お客様の増大する流通ニーズに応えるべく、全国で物流施設を開発・運営。

  • 空港

    Airport

    近年では高松空港等の空港運営事業に参画。継続的な事業拡大を図っている。

  • その他

    Other

    設計監理事業や不動産仲介事業など多岐にわたるサービス展開を実施。展開する住宅約60万世帯の会員組織やクレジットカード事業などを展開。

PROGRAM CONCEPT

イノベーティブな構想の初めての社会実装の実現を目指す、
「構想提示型」のオープンイノベーションプログラム

STANDARD から THIS PROGRAM STANDARD THIS PROGRAM

THEME

本プログラムでは13のテーマで参加企業を募集します。

センターオフィス 3rd プレイス&ワーケーション リビング ニューフロンティア その他
センターオフィス プレイス&ワーケーション リビング ニューフロンティア その他

MERIT

PROGRAM
MERIT

  • 事業の共同開発

    中長期連携を目指した
    三菱地所グループとの共同事業開発

  • 三菱地所のアセットの活用

    ハードアセットや既存サービス、顧客データ等の三菱地所のアセットを活用した事業化推進

  • 発信力/ネットワークの活用

    共同発信によるPR・マーケティング

  • メンター支援

    共創チーム毎に、サムライインキュベート等のコラボレーション支援メンターをアサイン

  • コワーキングスペースの提供

    丸の内に立地するビジネス開発拠点「EGG JAPAN」、大手町のコワーキングスペース「3×3Lab Future」の利用が可能。

  • 出資検討

    三菱地所・サムライインキュベートからの出資および、事業に応じた三菱地所とのJV組成など

ENTRY SCHEME

エントリーから応募までの流れ

※2021年度の本プログラム応募は終了しました。皆様多くのご応募誠にありがとうございました。

エントリーから応募までの流れ エントリーから応募までの流れ

GUIDELINE

応募資格

  • 既に法人登記がなされていること
  • プログラム期間中にプロダクト・サービスが、一部機能でも提供可能であること

    ノウハウを活かして本プログラムで新たなプロダクト・サービスを開発する場合は、プログラム期間中に開発体制が構築できること

  • 資金調達状況、本社所在地等は問いません

応募条件

  • 1社で応募出来るプランは1つに限りません。 その場合はお⼿数ですが、プランごとの提案書作成をお願いいたします。
  • プレゼンテーションや提出資料は日本語の使用を推奨します。
    ※エントリー後にメールでの提出が必要です
  • プラン内容または事業内容が公序良俗に反していないこと

SCHEDULE

SCHEDULE
プログラム募集期間 書類・面談審査 採択企業決定 共創計画の共同策定期間(プログラム期間) 共創計画プレゼン会(プログラム最終発表) 共創計画に則りPoCなどの各種活動を共同

※2021年度の本プログラム応募は終了しました。皆様多くのご応募誠にありがとうございました。